セキュリティー関係でよくある質問


こちらではセキュリティーにまつわるご質問をご案内致しております。
その他ご不明な点がございましたらメール・お電話・FAXにてお問合せ下さい。
また、直接当店までお越しいただければ、いろいろと詳しくお応えできますので、お近くの方はぜひご来店ください。


◆ Q1 誤動作などで近所迷惑になるのじゃないかと心配なんですけど・・・


問題を解決するにはまず取り付けたシステムを良く理解する事としっかりとした施工、調整です。それによって解決できます。当店では調整も含めてお客様の環境や情報をできる限り取り入れ、1人1人のお客様の環境にあわせた商品選びからアフターサービスまでフォロー致します。


◆ Q2 セキュリティーをつければ絶対大丈夫なのですか?


もちろんセキュリティーをつけた車とつけない車では明らかに違いますが、つけたといっても盗まれないのではなく威嚇させ、特殊な配線方法で盗みにくくなっています。犯罪者の立場からするとついている車とついていない車をどちらをするかというと明らかにリスクの少ない後者になります。よってセキュリティーをつけることで車を動かなくするのは当然ですが、犯罪者にやる気を起こさなくさせると言うことが大事なセキュリティーです。


◆ Q3 セキュリティーで車を傷をつけられたりするイタズラは防げるのでしょうか?


結果から言うと100%防げるものは存在しません。近寄ると警告するセンサーはありますがあくまで威嚇です。これは相手の心理状態を刺激するものでイタズラする被害を最小限度に抑えることは可能です。


◆ Q4 イモビライザーとは何ですか?


イモビライザーとは、車両のキーなどに電子チップを埋め込みエンジン始動時に車両と通信させキーと車両の暗号が一致しないとエンジンを始動できない仕組みです。オーナーの持っているキーでしかエンジンを始動できないので盗難防止装置として活用されています。(以前は高級車のみでしたが最近ではミドルクラスの車両にも標準装備になっております。)
これは主に車の用語の意味として使われますが、セキュリティー面ではスターターを始動できなくしたりイグニションが入らなくしたりすることの意味としても使われます。
そのためエンジンスターターなどをつける際はこのイモビライザーが邪魔になり通常はかかりませんが当店ではリモコンスターターで一時的にエンジンを掛ける時だけ解除させその後はセキュリティーの監視を続けます。


◆ Q5 セキュリティーとターボタイマーやエンジンスターターは一緒につかえますか?


基本的には使えません。それはセキュリティーはイグニションを感知してサイレンを鳴らすモデルが多く、そのため監視中にエンジンをかけると当然イグニッションがONとなりますのでサイレンが鳴ってしまいます。これを共用するには技術が必要となりますが最近はこれに対応する機種も出ててきておりますので詳しいことは当店までお問い合わせください。


◆ Q6 バックアップサイレンって何ですか?


この商品は非常に賢いものでバッテリーがはずされたりサイレンを切られたり本体のカプラーを抜かれてもサイレンが内蔵バッテリーの続く限り鳴ります。これを付ける事でセキュリティー性は飛躍的に向上し特に車高の高い車や車の構造上サイレンが届きやすい車などは有効です。


◆ Q7 セキュリティーはいくら位から付けられますか?


当店で取扱いのあるセキュリティーメーカーは様々ですがVIPERクラスでしたらモデル幅も広く1部を除く標準車でしたら税込み¥55,000から取付けできます。基本的な機能のドア発報、2段階衝撃センサー、ライトフラッシュ、キーレスが標準装備の工賃込み価格です。


◆ Q8 アンサーバックリモコンとは?


その名の通り返信のあるリモコンで、セキュリティーのON/OFF時や警告、警報時に車両サイレンだけではなくリモコンにもお知らせが入り状況確認が出来るようになっています。通信距離は環境にもよりますが見通しでおおよそ800mとなっており、近隣に月極駐車場などに駐車している方にとってはとても使える物だと思います。


◆ Q9 リモコンの電池はどのくらいもつの?


これは使用状況によってかなり左右されますがボタン電池タイプのアンサーバック無しリモコンで毎日通勤等に使っている環境上で半年〜1年、単4電池のアンサーバックリモコンで3ヶ月〜半年程度です。電池の残量などが分かるリモコンでしたら確認して交換すれば良いのですが残量が分からない場合は通信距離が少しずつ飛ばなくなってきますのでその際は高価な物ではないのですぐに交換しましょう。ほとんどのセキュリティーは電池交換するだけで再度設定する必要などはありません。


◆ Q10 セキュリティー取り付けの時間はどの位かかりますか?


システムによっても異なりますが、10万円台の作業でおおよそ半日〜1日、20万円クラスですと約2日間程度を要します。当店ではその間無料で代車をお出ししておりますのでご予約の際にはお気軽にお申し付け下さい。


◆ Q11 セキュリティーの作業申し込みについて教えてください。


基本的にはご来店いただきお客様の使用環境に合うシステムで作業の予約をしていただくのが一番良いのですが、お忙しい方や遠方のお客様はあらかじめメールかお電話で概要をお聞きした上で予約を承り作業当日にシステムの変更があればその都度承っております。
決済につきましては現金のほか、カード・クレジットが可能となっております。


◆ Q12 新しい車に乗っていますがセキュリティーの必要性はありますか?


最近の車にはイモビライザーや純正セキュリティーの装着をされていますがそれでも2005年の車両盗難件数は46.728件、車上荒らしは256.594件(警察庁調べ)と実に120秒に1件の割合で被害にあっています。車両盗難に関しては当然価値の高い車両が狙われます。車上荒らしにおいても被害にあえばオーディオ・ナビ・バッグ等とあらゆる高価な物品は勿論、ちょっとした小銭まで狙われガラスやキーシリンダー、内装パネルに及ぶまでの被害となり経済的、精神的にダメージを受けます。このような被害から愛車を守るためにも年式が新しい古いに関係なく高性能なセキュリティー装着をお勧めいたします。


◆ Q13 盗難発生警報装置(VAS基準)の保安基準とは?


「盗難発生警報装置」とは、国土交通省が設定した名称です。自動車への侵入または干渉があった場合に音、灯光等により車外へ異常を知らせ、警報を発してクルマの盗難を防止する装置です。法的技術基準を満たしていれば盗難発生警報装置と呼ぶことができます。


【運用される時期は?】
普通自動車 : 2006年7月1日以降の登録車両から運用。
軽自動車 : 2008年7月1日以降の登録車両から運用。
以上の車種にセキュリティーを取り付ける際はVAS基準に適合した商品を取り付ける必要があります。


【盗難発生警報装置の保安基準の主な内容は?】
環境基準:製品が以下の基準をクリアした製品である必要があります。
車外: −40℃〜+125℃
車内: −40℃〜+85℃
防塵防水性能: IP40
サイレン音の大きさ: 100dB以上
サイレン発報時間: 車両に異常が発生した場合、サイレンを25秒以上〜30秒以下鳴らすなど。


【この制度が始まった理由は?】
自動車盗難は増え続けており、車両に影響のない優秀な機器を導入しやすくするため、国として基準が設けられました。


【VAS基準適合のマーク】
VAS基準に適合している盗難発生警報装置にはVAS基準適合のマークが付いています。

詳しくは全国自動車用品工業会のホームページで確認ができます。
http://www.jaama.gr.jp/security/


◆ Q14 作業中の代車はありますか?


オートマの軽自動車を3台ご用意しておりますので作業受付時にお気軽にお申し付け下さい。貸出は無料です。


◆ Q15 商品持込の取り付けは行っていますか?


基本的に商品のサポートは行えませんが当店で扱っているモデルでしたら取り付けは可能です。モデルや車種によって工賃が異なりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。